iPV Tracker

我々はワイヤ式の十字2軸を利用する追尾システムを開発し、絶えず太陽光を最も経済的に有効的に日々の電力需要に転換して、顧客及び環境に実際に貢献をもたらします。

精密に追尾

地球が公転と自転の影響でいつも位置が違いますが、iPV Tracker追尾システムは5分間毎に1度が作動し、水平駆動方位角は360度で、角度は0~40度の間で稼動し、精密に太陽の軌道を追尾できて、固定式と比べて30~100%の発電量を上昇します。 さらに詳しく >>


図表は中国新疆省(北緯42.78度)に9月の一日あたり発電量の比較図です

*実際の発電状況は各追尾システム及び地域により異なることとなります。


iPV Tracker Energy Generation

簡単なメンテナンス

弊社独自設計により十字2軸、ワイヤ、滑車、バネを使ってコントロールボックスに設定された太陽軌道によって回転させて、他の2軸追尾システムより信頼性があったり、コンポーネントやメンテナンスコストは安いことがあったりします。 さらに詳しく >>


iPV Tracker Energy Generation

有効的に土地活用

iPV Tracker追尾システムは色んな地形で設置可能になり、太陽光モジュールを最適な傾斜角度に設定できて、日陰を避けたり安定的に発電効率を維持したり、有効的に土地を活用したりします。

さらに詳しく >>


iPV Tracker Energy Generation

iPV Tracker追尾システムは各商用メガソーラーに適用し、屋根型、野立て型、ソーラーシェアリング、駐車場型などを含め、売電または自社用にも対応できます。

iPV Tracker Roof-Mount

2 MW

屋根タイプ総建設量

iPV Tracker Ground-Mount

10 MW

野立てタイプ総建設量

iPV Tracker Roof-Mount

3 MW

ソーラーシェアリング総建設量